此の恋はきっと、彼の時からの一目惚れだ。 「曇天に笑う」「煉獄に笑う」は、ここから始まった。ファン垂涎の物語絵巻、遂に登場。