ブラックホールは、「穴」じゃないの?

「大切なのは、疑問を持ちつづけること」 これは「20世紀最高の科学者」とも言われるアインシュタイン博士の言葉です。

「ブラックホールってなんだろう?」 「宇宙ってどうやってはじまったんだろう?」 「宇宙は最後、どうなるんだろう?」

理科の授業でこんな風に思ったとしても、答えを探さず、疑問を持ったことすら忘れてしまったことはありませんか?

この本では、そんな夜空や宇宙のふしぎを、「せつない」という視点から紹介します。 流れ星が、実は「星」ではなかったり、月が地球からちょっとずつ離れていっていたり、宇宙にもゴミ問題があったり......。 夜空や宇宙は「せつない事実」であふれています。

ただ、すべての答えがこの本で見つかるわけではありません。 宇宙の研究は、いまもまだつづいているからです。

だから、本を読み終わったら、ぜひ夜空を見上げていろいろ想像してみてください。 アインシュタイン博士は、こんな言葉も残していますから。

「空想する才能は、知識を身につけるより、ずっと大きな意味があります」

(「はじめに」より)

[本書の内容]

1章 超せつない夜空のはなし10 ・ブラックホールは、「穴」じゃない。 ・宇宙の95%は正体不明。 ・宇宙にもゴミ問題がある。 ・月は、地球から離れていっている。 ・流れ星は、隕石にぶつかって絶滅したわけじゃない。 ・星座の形は、ほんのちょっとずつ変わっている。 ・星の名前は、日本語に訳すとけっこう地味。 ・宇宙飛行士は、お風呂に入れない。

2章 せつない夜空のはなし ・地球には毎日、お相撲さん600人以上の重さの物質が落ちている。 ・流れ星は、「星くそ」とも呼ばれた。 ・流れ星は、意外とめずらしくない。 ・コラム1:流れ星が、お坊さんを救った? ・隕石は、燃え尽きなかった流れ星。 ・コラム2:漬物石にされた隕石がある。 ・彗星は、汚れた氷のかたまり。 ・彗星は、どんどん溶けている。 ・彗星の最後は、せつない。 ・流星群は、彗星の落しもの。 ・オーロラが見える日は、停電するかもしれない。 ・オーロラは、南極側でも見えるのに......。 ・北極星は、ちょっと動いている。 ・冬の星座は、夏の夜空でも見えている。 ・赤い星は、年老いた星。