運命のオトコは絶対にあんたじゃない...はず24歳の響は、新聞社で働く新人女性記者。その2歳上の従兄弟の颯は、響の"初めて"をなにもかも捧げた相手だ。両親も公認のふたりだけれど、「運命のオトコは他にいる!」と言い張る響は毎夜毎夜、運命のオトコ探しに余念がない。しかし、響がトラブルに見舞われる度に目の前にはいつも必ず颯が現れて...。気づいたら、離れられなくなってた...とっておきの"運命ラブ"ストーリー。