ホテルに勤める千夏は、ひょんなことからスイートルームに長期滞在する売れっ子小説家・波野と、一夜を共にしてしまう。翌日、彼の隣で目覚めた千夏は、波野から泥棒扱いされ、部屋から追い出されてしまう。優しくて紳士だと思ったイケメン小説家の本性は、ドSな性悪男だった! それからというもの、千夏をたびたびスイートルームに呼び出し、イジワルをしては楽しんでいる波野。「Мっ気のある君なら、さぞ楽しいだろう?」――ついには、キスまでされてしまい...これは罠? それとも...