※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

部屋とシティボーイ。

「いい部屋ってなんだろう?」。 その問いを胸に、今年もいろいろな部屋を訪ねてみて感じたのは、 広くても狭くても、自分にとってなくてはならいものがちゃんとそこにあるか、なんだと思う。 例えば、お気に入りの家具だったり、なにげなく選んだ花瓶だったり、一緒に暮らす猫だったり。 そういうものに囲まれていると、自然と落ち着くし、 洒落た人の部屋は洒落ていて、ユニークな人の部屋はユニークなのも、そんな理由なんだろうな。 世界9都市13人の部屋取材から、東京ワンルーム図鑑まで。そこにあるスタイルや、”らしさ”の源を探りに。 棚、テーブル、姿見が作れるDIYガイド&部屋で食べたいシンプル朝食レシピつき!

CONTENTS

●世界の部屋。 パリ、ミラノ、NY、ロンドン、サンフランシスコ、LA、台北、メルボルン、東京の9都市13部屋。クリストフ・ルメール、マーク・ニューソンの部屋も!

●ボクと部屋と猫。 写真家・平野太呂さんと2匹の飼い猫のはなし。

●部屋を作る人の棚とデスク。 ミケーレ・デ・ルッキ、ブルレック兄弟、ガエタノ・ペッシェのアトリエに。

●東京ワンルーム図鑑。 狭くとも創意工夫で自分らしく暮らす12人の部屋を図説。

●読書と椅子を考える。 椅子に座るということをとことん考えた人が北欧にいる。

●花瓶でも置こうか。 そして、花もいけよう。8人の花瓶と花のはなし。

●朝食と器。 朝、なにげなく手に取った皿がきっと一番気に入っているもの。

●新しいことを始めるなら。 ミルクティーを煎れる、棚を作る、靴べらと箒を買う......家具屋さんの紹介も。

●HEYA-GI 部屋で着るものこそ、自由に。

Book in Book BREAKFAST BOOK シンプル朝食レシピ集。