34歳の会社員・守田健治は独身で、特に決まった恋人もいなかった。ある日、23歳の同僚OL・柏原千晶とちょっとした賭けをして、負けた健治は一杯おごるハメになった。「美味しい日本酒が飲みたい」という千晶の希望で、行きつけの和風小料理屋『どんぐり』へ行くことに。ここは40過ぎの美人ママ・祐子が一人で経営する隠れ家的な場所であった。ところが、若い女性客の思わぬ来店で、男性客の興味は千晶に集中。機嫌を損ねたママのフォローをしようと、閉店後に謝りに行く健治。すると祐子は店の2階に健治を誘い......。