29歳になるナースの鈴木加美代は、結婚を意識した恋人の大垣憲次と温泉旅行に出かけた。露天風呂でイチャつき、部屋に戻ってセックスを始める二人。ところが「やさしくして......」という加美代の頼みも聞かず、興奮している憲次は半ば強引に彼女を犯し、一人で勝手に果ててしまうのだった。彼に対して急に熱が冷めていく加美代。それから数日後、知り合いである岩坂一夫という年下の医師から「一度だけでいいです。抱かせてください」と告白を受けて......。