一流商社マンの旦那の実家は、鎌倉の一等地の大きなおうち。誰もが羨む玉の輿のはずが、浪費一家で家計は火の車!? 高い着物を買いあさる義母に出戻りの長女、借金持ちの次女、モデル志望の三女...。各々が使い込むおかげで、家には山のように明細が届く。この火の車をどうするか...「嫁」の私が思いついたのは、広い家を利用してレストランを開くことだった!