私生児だった私は愛になじめない女だ。そんな私に付きまとう同級生、浦辺暁生。彼はあたしを好きだと言って遊びに誘い出し、一緒に食事をとって、「おまえは幸せになるのが怖いんじゃないのか...?」と言うけれど――。幸せになりたいと願う自分と、幸せを拒む自分との間であたしは困惑する。もうあたしを惑わさないで...苦しめないで!