僕には...、特殊な性癖があって...。匂いに欲情しちゃうんだ...。そんな僕に親友の三浦の匂いが...。ああ、たまらない...。狂おしいほどの欲望が体を駆け巡って...。