「ねぇ、、、斎藤さん、わたしはあなたの家庭を壊すために来た、、、。教えてあげるわ、あなたが信じている幸せなんてただの錯覚だということを。」その眼差しはかぎりなくやさしい。そう、彼女はストーカー、、、。