長野に住む友人・奈々恵に会いに出かけた35歳の人妻・和花と真佐子。泊まった旅館で奈々恵と真佐子の浮気話を聞いているうちに、股間が疼き出してしまった和花は、二人が寝静まった後にこっそりオナニーをするのであった。次の日、美味しいと評判のソバ屋に行くと、イケメン店員の茂・春樹と意気投合。彼らのソバ打ち師匠・三沢も加わり飲み会に発展する。自然と三組のカップルに分かれ、和花は三沢に誘われ散歩へ出かける。すると、いきなり唇を奪われてしまう。「いけないわ、三沢さん」抗う和花であったが、乳房を力強く揉まれると「アーッ」という感嘆の声を上げてしまい......。