幼い頃の記憶。それは血のつながらない兄への恋心。しかし、兄の視線は...父に向かっていた。 でも、男性しか愛せない僕は、日に日に兄への想いが募っていく。 ...兄が、好き。抱いてもらいたい。そんな時にある事件が!