グループや恋人と楽しむ旅、単身赴任、夢破れ街を去る者...様々な人々の想いが行き交う場所、ここはブルートレイン食堂車。限られた時間、限られた場所でどれだけ自分たちの演出が凝らせるか...コックたちは腕を振るう。列車食堂と言う未開拓の分野に可能性を見出し、ブルートレインに飛び込みで就職した見習いコック・凛太郎の、様々な乗客たちとの一期一会。