幼い頃から冒険者になることを夢見ていた少年・ノート。 彼が15歳の時に『贈与の儀』で得たスキルは、【地図化】――レアだが冒険には役立たない、いわゆる<外れスキル>と呼ばれるものだった。 冒険者としての活躍も見込めず、やる気を失っていたノートは、幼なじみにも見限られ、失意の日々を過ごしていたのだが...... 「そのスキルを持つキミを、ボク達は必要としているんだ」 最強パーティー≪到達する者≫のジンから突然の勧誘を受ける!! 最弱の少年がやがて高みに至るファンタジー成長譚、開幕。

少年は、誓う。今度こそ、努力することを諦めず、足掻ききろうと。