「俺とこういうことするの、嫌い?」智弥に一晩中愛されて、気を失ってしまった彩香。翌朝、そんな彩香のために、智弥が朝ご飯を作ってくれることに。昨晩の彼の告白に、戸惑いを隠せずにいた彩香だったけれど...。片付けの最中、突然唇を塞がれて...!? ちょっとまって、ここ台所なんですけど!?