魔女狩りという名の暴風が吹き荒れ、罪なき人々の悲鳴がこだまする中世ヨーロッパ。この混沌の時代に野望に燃えた領主がいた。彼は悪魔崇拝によって欲望を叶えようと画策し、今一人の少女を狂気の宴......<サバト>の真っ只中に放り込んだ! 娘が生贄として命を散らすその刹那、現われた半裸の美しい男は、傲然と言い放った。「これは私がもらう」。その瞳、そのほほえみは、たしかに人間のものではなかった......。銀髪・緑眼の貴公子が活躍するミステリーコミック!!