「人は何故 当たり前のようにセックスして子供を産むのだろう 愛せない子供なら産まないほうがいい」片親の母に、幼少時を虐待されながら過ごしてきた工芸家の彩華。それゆえ、いつしか母性そのものを嫌悪するようになった。恋人ができても、子供ができる恐怖からセックスは決してしない。誰かを愛することなど、根本的にまやかしなのだ。そのため、夜遅くに隣部屋から洩れる隣人夫婦の夜の営みの音に、彩華はあまりにも過剰なストレスをを感じるようになり...。