高校時代の恋人・美津夫と約束した日が待ち遠しい32歳の主婦・美智。15年前、画家になるためアメリカに渡った美津夫が、近々帰ってくる予定なのだ。しかし当日、彼は姿を現さなかった。落ち込んだ美智は、友人の多佳子に誘われ、気晴らしに寄席を見に行く。すると、そこに登場した新人落語家が美津夫ソックリであった。思わず声をかけると、やはり本人。偶然の再会に盛り上がった美智は彼の部屋へ行き、15年間の思いを身体で確かめ合うのであったが......。