36歳の主婦・美和は、息子の家庭教師である19歳の大学生・祥吾と恋に落ちていた。祥吾と関係を持った理由、それは20年前の恋人・圭輔に彼がそっくりであったからだ。美和の初恋の相手である圭輔は、残念ながら高校2年のときにこの世からいなくなった。だが、祥吾に乳房を吸われていると、一瞬、圭輔にされているような錯覚に陥るのだ。そんな自分だけの秘密を、高校時代からの親友・英子に告白する美和。すると英子は、幸せな美和の心をどん底に落とすような、残酷な話を始めるのであった......。