とある田舎に、町を魔物から守ってくれる鬼を丁寧に祀った神社「鬼神神社」があった。その神社の跡取り息子である緋暮(ひぐれ)に、今日も熱い眼差しを送る鬼が一匹。「はぁ~~~~っっ。かっこいい。。。マジ無理尊い。。。」鬼の煌炎(こうえん)は、昔、人間界に迷い込んでしまったときに優しく助けてくれた緋暮に好意を寄せていた。緋暮が18歳になったその日、雷鳴を轟かせながら緋暮の前に降り立った煌炎。「我らに仕える者として、お前を嫁に貰ってやろう」...とカッコよくキメるはずだった......のに???「知らない?人間はこうやって愛を確かめ合うんだよ?」腹黒男子高校生×三白眼おバカ鬼の種族を越えた真実の愛の物語...もとい、犬も食わないバカップルの甘々同棲生活が連載開始!!......さっさと結婚しろ。