Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

Aurora No Hanashi Wo Shimasho : Sekai Teki Keni Ga Kataru Aurora Kenkyu No Reimei Ki Kara Saishin Kenkyu Made

オーロラの話をしましょう:世界的権威が語る オーロラ研究の黎明期から最新研究まで - 赤祖父俊一/著

Aurora No Hanashi Wo Shimasho : Sekai Teki Keni Ga Kataru Aurora Kenkyu No Reimei Ki Kara Saishin Kenkyu Made
eBooks Edition
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 1728 yen
Points You Earn 17 points (1%)
Compatible Devices
Pages
    224
Release Date Feb 01, 2019(JST)

Description in Japanese

『オーロラは、どうやってできるの?』
誰もが一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。

毎年冬になると、オーロラを見に行く内容の番組や記事がテレビ・雑誌などで頻繁に紹介され、オーロラと言えば冬の定番企画です。

また、タブレットや携帯電話など電子デバイスが普及した近年では、オーロラ発生の一因でもある太陽フレアが引き起こす電波障害が、重大問題として身近なものになりました。

この太陽フレアについては、オーロラ研究においても重要な研究であり、太陽フレアの解明が進むとともにオーロラについても年々研究が進んでいます。


この本は、オーロラ研究における世界的権威・アラスカ大学の赤祖父俊一教授が「オーロラ」について解説した本です。

オーロラの起こるしくみを科学的に解説しただけでなく、赤祖父教授の60年にわたるオーロラ研究人生での苦労話やこれまでの研究成果および今後のオーロラ研究について、最新のオーロラ画像や研究資料でやさしく・わかり易く紹介しています。

山登りに夢中だった当時大学生の赤祖父教授が、登山道具を買うためのアルバイト先でひょんなことから「オーロラ」と出会い、オーロラ研究の世界的権威である教授に手紙を書いたところ、アラスカに呼び寄せられたエピソードや、『友好的な意見の不一致』と表現した科学者らしい友情の育み方など、心おどる「物語」にあふれています。

いたるところで、研究者のひらめきに触れ、彼らの頭の中を垣間見ることができる、科学好きはもちろん、理科が得意でない人でもワクワクしながら読み進められる内容になっています。


なお、本書は天文ガイドに連載した連載記事をベースに、加筆、修正および構成を変え書籍化したものです。

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

More published by Makoto Bun Do Shinko Sha

Browse similar eBooks