両親が残した家で下宿を営むことになった誠一郎(せいいちろう)。 入居してきたのは夜間学生の理央(りお)と、誠一郎に一目惚れした高校生の貴斗(たかと)だった。 早速の入居を喜ぶ誠一郎は、自慢の手料理で2人をもてなすが――... 酒の席で理央が実はゲイビ男優と判明! お酒で体が火照り朦朧とする誠一郎に、理央の淫らな手が伸びてゆき...貴斗にセックスのレクチャーをすることに!? 「ほら貴斗 気持ちいい顔よく見とけよ」 ゲイビ男優とDKに家と体をシェアされてしまった誠一郎は――!?