上原浩治投手が推薦!! 第24回 ミズノスポーツライター賞 優秀賞受賞

9歳の息子、太郎を連れて渡米。新聞記者でもある母親が綴った、アメリカの少年野球の実態。

日本とは、まったく異なる練習スタイル。 試合時の選手の起用方法。 選抜試験に落ちれば移籍は当たり前。 メジャーリーグ顔負けの競争システム。 自信を持たせるため、わざわざ下級生のチームに息子を入れたり、高額なプライベートレッスンを受けさせたり......。

アメリカ流・男の子の育て方に戸惑い、悩む母親と、自信をなくして落ち込む太郎を救ったのは、メジャーリーガー・上原浩治投手がくれた宝石のような言葉......。 「あきらめるな。あきらめたら、そこでゲームオーバー。でも、あきらめなければ可能性はゼロじゃない。だから絶対にあきらめちゃいけない」

日本の少年野球の指導者や、息子を育てている日本の親たちに、ぜひ読んでほしい、ちょっぴり笑って、ちょっぴり泣けるノンフィクション。