鷹見の専属秘書として働くことになった杏奈。それを知った蜂谷は、思うところがありつつも応援すると声を掛ける。「一晩中抱いてあげる」甘い雰囲気になると、ソファーの上で蜂谷に押し倒され、服を脱がされていき―...。全身を舌でねっとりと愛撫され、更には蜜で溢れた場所を吸われてイってしまう杏奈。それでもおさまらない身体の疼きに、蜂谷の熱く硬いモノを自ら求めて――。ある日、秘書の仕事を一生懸命こなす杏奈は、鷹見の接待に同行することに。その帰り道、鷹見と一緒に乗ったタクシーの中で――。