天涯孤独のテスは、12歳年上のデインの探偵事務所で秘書をしている。3年前、父が再婚する予定だったデインの母とともに事故死し、途方にくれていたテスを、彼が救ってくれたのだ。ある日、事件に巻き込まれ、怪我をしたテスは、デインの家に泊めてもらうことになる。ずっと子供扱いされてばかりだった彼への想いがあふれ出し、バージンを捧げた。だがデインが愛の言葉を口にすることはなかった。「あれはただのセックスだ。きみと結婚はできない」絶望の中、テスは妊娠に気づき......。

■北米ロマンス界の最重鎮ダイアナ・パーマーが綴る、魅惑の年上男性との恋物語をお贈りします。愛することを拒むヒーローとの結婚生活――ヒロインの彼への想いが報われる日は来るのでしょうか?