「おばあちゃんがね、病気で寝てるんだ。お母さんが看病してるんだけど、おばあちゃんの部屋からは海が見えないのが、寂しいっていうから、僕、海を作ってるんだよ」そう言って少年が差し出したのは、ラムネの瓶でできた小さな海だった――(収録作品「なつのかけら」) 5分で心がぎゅっと掴まれる。5分で読める“5分シリーズ”からお届けする、切なくてたまらない物語。 小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿された40000作超の短編から厳選した、 『5分後に切ないラスト』 胸を刺すような珠玉の掌編12本。