Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

"Kakaku" Wo Utagae Naze Beer Ha Neagari Tsuzukeru No Ka

「価格」を疑え なぜビールは値上がり続けるのか - 吉川尚宏/著

"Kakaku" Wo Utagae Naze Beer Ha Neagari Tsuzukeru No Ka
eBooks Edition
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 886 yen
Points You Earn 8 points (1%)
Compatible Devices
Pages
    224
Release Date 2018/07/13(JST)
Format epub

Description in Japanese

ビール、バター、地下鉄料金。需要と供給の関係なく決まる価格が日本には存在する。なかでも「0円端末販売禁止」などで印象が強く、生活と密接な関係にあるのが「携帯電話料金」だ。多くの消費者が「高止まりしている」と感じるその裏に、大きな力が関与している実態があると吉川氏は主張する。それはつまり「官製価格」だ。10年代の日本を占うキーワードとして「ガラパゴス化」を提唱、総務省有識者会議で委員を務める氏は、官製価格化こそが市場からダイナミクスを奪い、経済の停滞を招く元凶と警鐘を鳴らす。官製価格化で私たちの生活はどんな影響を受けているのか? 官製相場や官製春闘はいい結果につながっているのか? そして歪められる価格の裏にはいったい何が? 今すぐ「官製価格化」から脱却しないかぎり、日本に成長は無い!

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

Also by YOSHIKAWA NAOHIRO

See more published by Chuukoushinsho Rakure

Browse similar eBooks