【税理士選びをまちがえて、数千万円も払いすぎていませんか?】 相続は、難しくてわかりにくい。 しかも、相続税の過払いが発生しやすい土地評価については、税金の専門家であるはずの税理士であっても知識と経験がないために素人同然というのが実態。 そのため、相続税申告で過払い案件が多数生じており、著者によると約8割の相続税が過払いだという。 2億7000万円払っていた相続税、じつは4000万円でよかった。 最高還付額はなんと2億3000万円!という例も。 本企画は、過去に相続税を支払った人、およびこれから相続税を支払う可能性のある人に向け、過払いした相続税の還付を得る方法と、過払いを未然に防いで適正な相続税のみを支払う方法について、実際のエピソードを盛り込み、理解しやすいビジネス読み物として解説していく。