Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

Otona No Sazukari BOOK - Aseri Wo Hitokokyu Ni Kaeru, Gambarisuginai Kotsu -

大人の授かりBOOK - 焦りをひと呼吸に変える、がんばりすぎないコツ - - 加藤貴子/著

Otona No Sazukari BOOK - Aseri Wo Hitokokyu Ni Kaeru, Gambarisuginai Kotsu -
eBooks Edition
SampleSample
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 1080 yen
Points You Earn 10 points (1%)
Compatible Devices
Pages
    184
Release Date 2018/05/25(JST)
Format epub

Description in Japanese

42歳で、「子どもがほしい」と踏み込んだ不妊治療の世界。男性不妊、流産、不育症――。起こった全てを「〇」に変えるための、心の処方箋。
不妊治療を経て、44歳、46歳で出産した、女優・加藤貴子が伝えたい、妊活クライシスにならないための「小さな習慣」。

「妊活は、出産することが着地ですが、子どもを授からなくても、夫婦関係は続いていきます。だから、妊活をした時間が、夫婦の絆を強める「何か」であってもらいたい。
何が起こっても夫婦で納得して結果が出せるように、関係を再構築することが妊活の試練であり、“脱・妊活クライシス”なんだと思います」 ――本文より抜粋

《焦りをひと呼吸に変える、弱った心に効く「小さな習慣」》
●“妊活”だって“育み”期間。「妊娠20ヶ月」だと思えばいい。
●「泣き言」はちゃんと言う。言い切ったら、一転、自分をほめる。それが一番早い復活法。
●病院に通うだけで、たいしたもの! それだけで十分。勇気をもって“何もしない”。
●明るい未来の想像に助けられることもある。つらいときこそ、躊躇せずに。
●心がこわれる前に、一度「ま、いっか」と投げる。がんばりすぎると、見返りを求めてしまうから。
●時計の数字のゾロ目、いれたてのコーヒーの香り。小さな幸せをちゃんと味わう。
●グルグル思考になったら、不安を書き出し整理する。「自分で対処できること」「天にゆだねること」
●「私ばっかり」をぶつけるより、感謝をつたえ始めて、また歯車が廻り出した。 ...and more!

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

More published by Wani Books

Browse similar eBooks