ベサニーは人類学者の父が異国で死亡したという知らせを受けた。生存を信じる彼女は、研究先である砂漠の国ベイラルに向かう。現地に降り立ち、猛禽をうやうやしく運ぶ行列に出合ったとき、そばにつき添う黒マントの美しい男が鋭い視線で彼女を捕らえた。獲物を追うはやぶさに似た彼こそが、この国の首長――ザッカー・サディクだった。女一人では危険だと諭されるが、ベサニーは自分で父親を見つけだす意志を崩さなかった。それがザッカーの支配欲を刺激したのか、ベサニーは、彼のベッドの囚われびととなってしまう......。 *本書は、ハーレクイン文庫から既に配信されている作品のハーレクインSP文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。