子爵令嬢のアイリスはオペラや音楽鑑賞が好きで社交は苦手。両親と侍女に言われていやいや出た舞踏会で皆の憧れの伯爵ライオネルに迫られて困惑する。強引に連れてこられた彼の部屋で優しく触れられて変わっていく身体。拒んでも諦めず求愛を続ける彼にほだされ、流されるように結婚したけれど、次第にライオネルの視野の広さや優しさに惹かれていくようになっていく。「そんな声を出して。なんて可愛い人だ」溺愛系新婚ラブロマンス。