どうか思い出して。つかの間とはいえ、わたしがあなたの妻だったことを。

事故の後遺症に苦しむトマスの面倒を見てほしい――知人に頼まれ、ザラは居ても立ってもいられず彼の屋敷を訪ねた。彼女にとって大富豪のトマスは恩人であり、憧れの存在だった。両親亡きあと、おじに使用人同然にこき使われて成長したザラを、トマスは偽装結婚を申しでて救いだし、解放してくれたのだ。あの日の夢のような誓いのキス......彼は覚えているかしら?だがそんな物思いは残酷に打ち砕かれる。トマスは記憶を失い、ザラの存在すら忘れてしまっていた。揺れる想いをひた隠し、家政婦として彼に尽くそうと心に決めたザラだったが......。

■たった2日間だけの便宜上の夫と妻が、再び運命的にめぐり逢い、激しい恋に落ちる‐‐ハーレクイン・ディザイアでも活躍中の作家ナタリー・アンダーソンが情感たっぷりに描く、大人の恋物語です。