Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

Kanojo Ga Megane Wo Hazushitara

彼女が眼鏡を外したら - ローレン・ホークアイ/著者名 立石ゆかり/翻訳者名

Kanojo Ga Megane Wo Hazushitara
eBooks Edition
SampleSample
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 220 yen
Points You Earn 2 points (1%)
Compatible Devices
Pages
    28
Release Date Jan 27, 2018(JST)

Description in Japanese

弟の結婚式の夜、寝苦しさに私は裏庭に出て長椅子に寝そべっていた。と、ハスキーな男性の声が聞こえた。「何をしているの?」驚いて地面の上の眼鏡を探る。声の主は弟の親友イーサンだった。ネクタイを締めたシャツの襟元を緩め、くつろいだ様子だ。私は恥ずかしさのあまり顔を赤らめた。無防備なパジャマ姿でビン底のような眼鏡をかけているのだから。「何をしてるんだい、バービー?」彼は大きな手で私の足首をつかんで脚を持ち上げ、隣に座った。足首を握ったまま。「私はバーバラよ。バービーなんて呼ばないで」私は澄ました顔で足を引き、起き上がった。彼が目を閉じて、後ろ向きのまま膝に倒れこんできた。「ブロンドの髪に大きな胸。それにセクシーだ」セクシー? 私のことをセクシーだと思ってるの? 「からかわないで。こんなにレンズの分厚い眼鏡をかけているのよ」気づいた時には唇を奪われ、熱く甘美な吐息にまみれていた。「目を閉じて」弟の親友の突然の誘惑に私は度を失い、身じろぎしたが、言われたとおりにした。すると、頭の上で両手首をネクタイで縛られ、自由を奪われてしまい......。

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

Also by RO REN HAWK EYE

Also by TATEISHI YUKARI

See more published by Harlequin

See more published in Ero Tea Ka