Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

Zeni No Ningen Gaku

ゼニの人間学 - 青木雄二/著

Zeni No Ningen Gaku
eBooks Edition
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 550 yen
Points You Earn 5 points (1%)
Compatible Devices
Release Date Oct 31, 2017(JST)

Description in Japanese

ゼニは、人間にとって便利な道具である。
ゼニがあれば、人間はなんでもできる。
自分のどんな欲望でもかなえることができる。

僕は、人間というのは、はなはだうさん臭い生き物であると思っている。
人間なんて巨大なゼニの力があれば、なにをやりだすかわかったものではない。

しかし、ゼニがなければ、人間は悲惨である。
人生は暗黒で、将来にはまったく希望がもてず、自分で自分自身を卑下し侮辱するようになる。
人生というものは、金がなければ、どうしても苦労がつきまとう。
金に困って、借金をすれば、そこから人生の苦闘がはじまる。
金のことで悩み、困惑し、狼狽し、煩悶し、疲労し、消耗し、やがては、犯罪、夜逃げや自殺にまで発展していく。
これは、何百年も昔から、人間が繰り返してきた永遠不滅のドラマなのだ。

この本は、漫画に描ききれなかった僕の真実の声である。
実は、『ナニワ金融道』よりも、書きたいテーマだったと言ってもよい。
人間は、狼にもなれる、鬼にもなれる摩訶不思議でうさん臭い生き物である。
そんな人間がつくり上げたこの資本主義の社会も、実にうさん臭い。
そこのところを、しっかりと見極める目をもって、生きていこうやないか。

▼目次

第1章 ゼニという名の生き物
第2章 日本国民はビンボーである
第3章 裏を読めない人間は滅びる
第4章 “神”は人類最大の妄想や
第5章 人間は闘争せよ!

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

Also by AOKI YUJI

See more published by impress QuickBooks

Browse similar eBooks