サトラーの存在は、不可解で場違いだった......。借金を負ったレム・ガナーセンは、イラクの軍事基地キャンプ・リバティで作業員を率いる高報酬の仕事につく。長年無人だった基地の焼却坑では、イラク戦争の廃棄物が日々燃やされていた。レムと六人の民間作業員たちは作業に打ちこむが、ある日突然、謎の男サトラーが現れる。彼はいったい何者なのか? そして隔絶された地で進む陰謀とは? 破格の大型スリラー、第二巻登場!