※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

和食の味の決め手は“だしのうまみ”。でも、イチからきちんとだしをとる人は少ないのが現状。 昆布を水につけて待つ時間、加熱する手間、こす作業とステップが多いので、毎日は無理...という声も。 「じゃ~、その手間を省いちゃいましょう!」と立ち上がったのが、この道ウン十年のベテラン料理家・武蔵裕子先生。 昆布と削り節を水につけるだけの手軽な「水だし」で、いつでも&ラクに作れる和食を提案します。 水だしのメリットは ◆水につけて冷蔵庫に半日以上おくだけ ◆3~4日間保存できる ◆初心者でも失敗なくできる ◆少量でも多めでも味が変わらずに作れる ◆少量使いに便利(合わせ調味料など) ◆冷めているからだし巻き卵、茶碗蒸しもすぐ作れる! ◆煮出さないので、くせやアクが出にくく、上品な香り ◆手作りだから添加物の心配なし ◆水だしで作る和食で減塩、減脂、減糖生活にシフトできる!