秘めた想いが溢れだす――一夜かぎりの夢だとしても。

サラはこの2年、ギリシア富豪アレコスの秘書を務めている。たくましい長身、豊かな黒髪、官能的で美しい唇――そして、指を鳴らせば女性が寄ってくると信じて疑わない傲慢さ。うぶで真面目なサラでさえ、彼には密かに胸を焦がしていた。あるとき一大決心をしたサラは、長期休暇の間に体重を落とし、地味な服と眼鏡を捨てて、洗練された装いで職場に復帰した。数日後、彼に激しくキスをされ、サラは夢にまで見た唇に溺れた。アレコスの望みはいつもと同じ、つかの間の愛人だけ......。そうささやく心の声には気がつかないふりをして。■決して手の届かない人を、どうしようもないほど愛してしまったら......? かなわぬ恋に身を捧げた乙女と冷徹なプレイボーイ富豪の、熱く切ないシンデレラストーリー。人気作家シャンテル・ショーが、不確かな愛の迷路で揺れ惑う女心を繊細かつ官能的に描き出します。