中森麻衣は大学院に通うため、キャバクラで働くことを決意する。しかし新人の麻衣にはきつい仕事で、思ったようになじめない。そんな麻衣にある日、指名が入る。相手は二階堂司と名乗る社長で、毎度きれいに遊んで帰る彼を気づけば麻衣は好きになっていた。プライベートでも連絡を取り合うようになったふたりは徐々に距離を縮め、一線を越えるようになる。司に既婚者だと告白される頃にはもう、あと戻りできないほどに彼を愛してしまっていた。禁断の愛に溺れていく麻衣と司だったが、会えるのは夜になる前の、ほんの少しの間だけ。重なり合うたびに、このまま溶け合ってしまえばいいのにと思うのだが......ふたりに待っているのは未来か、絶望か。