島野克哉はサラリーマン6年目の28歳。4歳年下の竜崎純菜にプロポーズし、受け入れてもらった。彼女は色白で瞳が大きくて可愛らしい。しかも控え目で、克哉にとっては高嶺の花だった。そんな純菜だったが、大きな問題は彼女の実家が地方の名家だったこと。挨拶に行くと、両親は結婚に反対しなかったが、近くの温泉旅館に泊まるよう押し切ってきた。案内されるがまま旅館に行くと、そこは以前、克哉がアルバイトしていた場所だった。まさかの偶然に驚く克哉。お嬢様を射止めたことをかつての同僚たちから祝福されるが、若女将・優佳の目は笑っていなかった。なぜなら、バイト時代の克哉と肉体関係があったからだ。優佳は純菜と真逆のタイプで、和服が似合う静かな色香を感じさせる女性だった。優佳の存在を気にしながらも、部屋で純菜と愛し合う克哉。内気で恥ずかしがり屋の彼女はセックスにも消極的で、フェラやクンニはまだしたことがない。物足りなさを感じながら、事を終えて1人温泉に浸かっていると、そこに突然、優佳が入ってきて......。