Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

Jinsei Ga Kawaru! Muishiki No Totonoe Kata - Shintai Mo Kokoro Mo Ummei Mo Naze Ka Umaku Ugokidasu 30 No Shukan -

人生が変わる!無意識の整え方 - 身体も心も運命もなぜかうまく動きだす30の習慣 - - 前野隆司/著

Jinsei Ga Kawaru! Muishiki No Totonoe Kata - Shintai Mo Kokoro Mo Ummei Mo Naze Ka Umaku Ugokidasu 30 No Shukan -
eBooks Edition
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 1296 yen
Points You Earn 12 points (1%)
Compatible Devices
Pages
    223
Release Date 2017/06/26(JST)
Format epub

Description in Japanese

意識とは何か。意識はなぜあるのか。ロボットに心を作ることはできるのか――。

著者は子どもの頃からの疑問を科学者になって解明しました。それが、「意識は無意識の決定を記憶する装置にすぎない」とする『受動意識仮説』です。
ならば、無意識をクリーンな状態に整えておけば、心も身体も軽やかに動くはず。
その方法について、無意識に関わりの深いエキスパート4名=大リーグのドジャースなども指導する心身統一合氣道会会長の藤平信一氏、東大卒の気鋭の僧侶・松本紹圭氏、森の中で経営者や子どもたちへのプログラムを実施する株式会社森へ 代表取締役・山田博氏、東大病院循環器内科助教の医師・稲葉俊郎氏との対話を通じて著者が探求し、30の方法にまとめて解説します。


【著者情報】
前野隆司(まえのたかし)
慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント科教授。1962年山口県生まれ。
キヤノン株式会社でカメラやロボットの研究職に従事したのち、慶應義塾大学教授に転ずる。現在はヒューマンインターフェイス、ロボットのデザイン、教育のデザイン、地域社会のデザイン、ビジネスのデザイン、幸福な人生のデザイン、平和な世界のデザインまで、さまざまなシステムデザイン・マネジメント研究を行なっている。
著書に 『幸せの日本論 日本人という謎を解く』(角川新書)、『脳はなぜ「心」を作ったのか―「私」の謎を解く受動意識仮説』(筑摩書房)、『幸せのメカニズム』(講談社現代新書)などがある。

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

Also by MAENO TAKASHI

See more published by Wani plus

Browse similar eBooks