◇あらすじ

僕は、突然の雨に降られて、地下通路に駆け込んでいた。 少しだけ雨宿りをして、様子を見ることにし、少し落ち着いてきた時......。 通路の奥の方で何か聞こえてきた。 人の呻きだろうか。 地下通路の奥から聞こえるのは、女性のただならぬ声。

(まさか......こんなところで?)

いくら人通りが少ないとはいえ、真昼間からふしだらなことをするなんて大胆すぎる。

(ほ、本当に......えっちなことをしているのかな......?)

僕は、足音を忍ばせながら階段を下りて行った。 息を殺して通路の奥を覗き込む。

(うわっ......。本当にしていたっ)

あおむけになった男の上に女がまたがり、腰をふっていた。 その女の人は激しく尻肉を弾ませている。 二人とも衣服は身に着けているので、結合部そのものは見えないが、間違いなく男女の行為におよんでいるはずだ。 人通りが少ない地下通路とはいえ、誰に見られるとも知れない公共の場で交わっているとは......。

「もうっ......限界ですっ」

女性の淫奔な腰づかいに、男の方が音を上げる始末だ。

「まだよっ、もう少し......。若いんだから、もう少し我慢なさい......」

男をたしなめる女性の声を聞いて......ふと僕は思った。 (あれ......この声、どこかで聞いたことがあるような......) はっとした。 『どこかで聞いたことがある』どころではない。 毎日聞いている。 (ママっ......)

「ああぁ......んあぁ......んはぁっ......あんっ......。いい......若くて元気な『男』......とってもいいわっ」

いたたまれなくなった僕は、その場から駆け出していた。

◇ヒロイン 名前:関島志摩子(セキジマシマコ) サイズ:T154/B95(G)/W59/H90 “薫”の母親。おしとやかで、清楚。 早くに夫を亡くし、女手一つで、“薫”を育ててきた。 高級住宅街に居を構え、資産家の娘にして、 華道とクッキングスクールで生計を立てているセレブ。

非常にしとやかな反面、亡くなった夫に開発された快楽が忘れられず ちょくちょく若い男を食べるようになる。

普段は、聖園仮面で隠しているが、実は快楽主義者。

最近男らしくなり夫に似てきた“薫”を、女の目で見てしまう 自分がいる事に気が付いている。

◇主人公 名前:関島薫(セキジマカオル) マザコンで、母“志摩子”のことをとても慕っている。 意外と純情で、母を女としてみてはいません。 押しに弱く、幼く見える風貌から、年上の女性たちから可愛がられる存在。

※注意 この書籍は、文中に現れる選択肢をタップごとにストーリーが変化する「アドベンチャーゲームブック」を含んでいます。 選択肢をタップせずにページをめくると表示される警告文を無視して進みますと、 現在、読んでいるストーリーの文脈とは、関係ない文章が表示されますので、ご注意下さい。