男性恐怖症の佐伯は女性の多い職場を求め、日用雑貨制作会社の企画部に勤務していた。 そこへ、男性新入社員の一ノ瀬が配属されることに。チームリーダーとして彼の教育係に なってしまった佐伯は、表情から感情の読めない彼にただただ戸惑うばかり... かつて佐伯に恐怖を植え付けた、神代の狂気。 その矛先が、大切な存在へと変わりつつある一ノ瀬へと、向けられようとする――