Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

Oyasumi, Lily

おやすみ、リリー - スティーヴン・ローリー/著 越前敏弥/訳

Oyasumi, Lily
eBooks Edition
SampleSample
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 1512 yen
Points You Earn 15 points (1%)
Compatible Devices
Pages
    408
Release Date Apr 14, 2017(JST)

Description in Japanese

その日が来ることを、ぼくは認めたくなかった――老犬を、見おくる、ということ。たくさん泣いたあと、心の温度が3度上がる本。

12歳のダックスフント、リリーと二人暮らしのぼく。ある日、ぼくはリリーの頭に小さなタコが張りついていることに気付く。その日から、あたりまえの日常は終わりをつげ、帽子のような“それ”とリリーとの奇妙な生活が始まる。日に日に弱ってゆくリリーのそばで、ぼくは彼女を守ることを誓う。でも、本当はわかっていた。その日が来ることを、ぼくは認めたくなかったのだ――

■いきなり白状しよう。小説の翻訳の仕事をはじめて二十年近くになるが、訳出作業の途中で涙がこぼれたことは二回しかない。一回目は、エラリー・クイーンによる名探偵ドルリー・レーン四部作の最終作『レーン最後の事件』のラストを訳していたとき。そして二回目は、この『おやすみ、リリー』だ。どの場面だったかは、あえて書くまい。実は何か所かある。悲しいというより、命の尊厳、そして生きることにまつわる真実の核心に突きあたった気がして、涙が止まらなくなった。犬も猫も飼ったことのない自分がそんなふうになるなんて、まったく思ってもみなかった。そういう作品、自分にとって記念すべき作品を訳す機会が久々に訪れ、日本の皆さんに広く紹介できることをうれしく思っている。(訳者あとがきより)

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

Also by ECHIZEN SATOSHI WATARU

See more published in Ha Par Korinzu Fiction