僕の直属の上司である沖田課長は、部下の事をしっかりとフォローしてくれる憧れの男性だ。そんな沖田課長が最近悩んでいるみたい...「僕に出来る事があったら何でも手伝わせてください!」課長の役に立ちたくて思わず言ったその一言だったが、まさかそれがキッカケで、僕が課長の人物画のモデルになるだなんて!実は沖田課長、プライベートでは画家の顔を持つアーティストだったのだ。展示会が近いのにモデルの子が見つからなくて困っていたと言う。僕なんかで良ければ是非ともと、憧れの課長のアトリエにお邪魔したものの、そこで見たものは男同時がイヤらしく絡み合っている【春画】で...―――その夜...課長の筆が優しく僕の身体を撫で回した...