“好みのお尻を釣り竿で釣られる”夜釣りパブでバイトすることになった私・OLの若菜。本当はバイト禁止なんだけど、元カレにお金を持ち逃げされて、生活費に困ってしかたなく...なの。大きなお尻がコンプレックスの私だけど、誰か釣ってくれるのかな。そんな不安が当たって、初めて釣ってくれたお客さまが何と勤め先の野口専務! 禁止のバイトがすぐバレちゃうなんてどうしよう! そうしたら「会社に黙っててあげる代わりに、君のお尻をさわらせて」と言われて、ここはおさわりNGのお店だけどうなずくしかなかったの。「パンツにくいこんでる肉が、またイイ...」専務がエッチにさわってくるから、だんだん私もヘンな気分になってきて...。「アレ、感じちゃったの!? じゃあ確かめてみようか」って、専務の指が私のお尻とアソコを同時にいじってくるから「あーあ、もうヌレヌレじゃん」。もぉやだ...、ここはお店の中なのに...!