私の王子様は童話より過激 君の唇は早く僕にキスをして欲しいって言ってるよ あなたの誘いは本気、それとも......。若社長のエスコートは、優しく、淫らで、それでいて......。

〈あらすじ〉 「君を前にすると、我慢がきかなくなるみたいだ」 咲希は、自分が働く花屋に頻繁に来店する医療関係会社の若社長・拓海のことが気になっていた。 ある日、拓海に食事に誘われ、キスまでされて急接近。しかし彼の本当の目的は、咲希と父方の祖父を引き合わせることだった。 祖父から、結婚相手を見つけて莫大な財産を相続してほしいと迫られ、戸惑う咲希は拓海に優しく励まされ......。