急に一人旅に出かけたい気分になり、温泉街を訪れた33歳の友風夏子。仕事も家庭も安定していたが、何か物足りなさを感じていたのだ。宿に着いて着替えた夏子は、ふと立ち寄ったバーで、同じ旅館の浴衣を着た男・修二と知り合う。ぶっきらぼうでありながら実直そうな修二に魅力を感じた夏子は、一晩だけ彼の妻になってみようという気になった。自分に足りないものは充実したセックス、そう感じた夏子は修二の口愛撫を受けた瞬間に......。