やっと念願の引っ越しが実現したというのに......。ディレイニーは隣家に住む男性サム・ワグナーに悩まされていた。なにかにつけて親切を装って目の前に現れ、彼女をいらだたせるのだ。ある晩、ディレイニーが同僚の男性と食事をしていたときも、どういうわけかサムが隣のテーブルに現れた。彼女はその姿を見てひどく動揺した。そのうえ、同僚が自分のことを利用していたと知り、ディレイニーは怒りに駆られて衝動的な行動に出てしまった。サムが自分のフィアンセだと宣言したのだ!