『シンデレラの初恋』―私がフォーチュン家の一員ですって?突然訪れた男性が告げた真実に、アンジェリカは唖然とした。彼はフリントと名乗り、セクシーな笑みを浮かべながら、彼女をフォーチュン家の面々に引き合わせたいと言う。あの名家の親族になど、会うつもりはないわ。一度はつっぱねたものの、フリントの魅力にはあらがえず、いつしか彼女はうなずいていた。

『億万長者の苦悩』―「君が必要だ」ボスのジャックに真剣な顔で言われ、アマンダの胸は高鳴ったが、期待は一瞬にしてしぼんだ。デートに忙しい彼は、幼い娘の面倒を見てほしいだけなのだ。落胆しながらも、彼女は住み込みの子守(ナニー)を引き受ける。彼と一つ屋根の下で暮らすうち、いつか振り向いてくれるかもしれないと願いながら......。 *本書に収録されている『億万長者の苦悩』は、既に配信されている作品と同作品となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。